パスワードの安全性を高める

始める
CTA icon
アンダーグラウンドサービスの脅威:情報セキュリティの闇とその対策

アンダーグラウンドサービスの脅威:情報セキュリティの闇とその対策

(※この記事は、2024年5月17日に更新されました。)

現代社会において、一般的な視点では見逃されがちなサービスが存在します。

これらのサービスは一般的には目につきにくいものの、社会や経済に大きな影響を与えています。

そこで本記事では、そういった隠れた活動である「アンダーグラウンドサービス(犯罪のビジネス化)」について見ていき、そのような活動の被害に合わないようにするための対策についてお話します。

【目次】

犯罪のビジネス化:アンダーグラウンドサービスとは?

undefined

サイバーセキュリティにおけるアンダーグラウンドサービス(犯罪のビジネス化)とは、主にサイバー犯罪者やハッカーが利用する非公式なサービスやツールを指し、以下のようなものが挙げられます。

1. ダークウェブ市場

「ダークウェブ」と呼ばれる非公開のインターネット領域で、不正な活動に使われる Web サイトやオンラインマーケットプレイスが存在し、そこでは、盗まれたデータやハッキングツール、マルウェア、不正なサービスが売買されます。

2. フォーラムとコミュニティ

サイバー犯罪者やハッカーの間では、特定のフォーラムやオンラインコミュニティが存在し、情報セキュリティ10大脅威でも取り上げられている脆弱性対策情報の公開に伴う悪用やそれを利用するためのツールの取引、攻撃手法の議論、販売などが行われます。

3. ボットネットサービス

ボットネットは、複数のコンピュータやデバイスが不正に制御され、攻撃者の指示に従って悪意のある活動を行うネットワークです。

ボットネットサービスでは、攻撃者がボットネットをレンタルまたは購入し、DDoS (Distributed Denial of Service)攻撃やスパム配信などの攻撃を実行します。

4. ゼロデイ攻撃

まだ修正されていないソフトウェアの脆弱性を利用した攻撃に使用されものであり、アンダーグラウンドでは、このような攻撃が売買され、攻撃に利用されます。

このように、アンダーグラウンドサービスには様々な種類があり、デジタル社会の発展とともに巨大勢力になりつつあります。

では、なぜそのような犯罪行為が進んでいくのでしょうか。

サイバー攻撃のビジネス化が進む理由

undefined

サイバー攻撃のような犯罪のビジネス化が進む理由はいくつか挙げられます。

1. 技術の進歩と利用の容易化

サイバー攻撃ツールやマルウェアの開発や配布が技術の進歩とともにより手軽になってきていることから、非技術者でも攻撃ツールを入手し、攻撃を行うことができるようになりました。

2. 匿名性と法的規制の欠如

インターネットの匿名性が高まっており、犯罪者が自らの正体を隠して攻撃を行うことに違和感がなくなってきています。

また、国境を越えた攻撃が増えているが、それを規制する法律などの国際的な整備が追いついていないことで、攻撃者が逮捕されにくい状況ができてしまっています。

3. 経済的インセンティブ

サイバー攻撃を含むビジネス化された犯罪は、個人や組織に多額の金銭的利益をもたらす可能性があります。

例えば、ランサムウェアによる攻撃では、被害者に対して身代金を要求することが一般的であり、盗まれたデータの売買などでも、犯罪者は利益を得られます。

4. 需要と供給のバランス

サイバー攻撃の需要が高まるにつれて、それに応じた攻撃ツールやサービスの供給も増えています。

需要と供給のバランスが取れているため、攻撃者が手軽に攻撃ツールやサービスを入手し、攻撃を実行することができます。

このようなアンダーグラウンドビジネスは、サイバーセキュリティの専門家や法執行機関によって監視され、摘発されることがありますが、常に新しい攻撃の手法やサービスが現れるため、個人レベルでも対策が必要です。

アンダーグラウンドサービスの具体例

アンダーグラウンドサービスにはさまざまな具体例がありますが、代表的なものとして以下が挙げられます。

1. ランサーサービス

サイバー攻撃や不正アクセスを実行するための技術的なスキルや専門知識を提供する個人やグループです。

これらのランサーは、報酬を受け取ることで特定の攻撃の実行や、テクニカルサポートを提供します。

2. クラッキングサービス

Web サイトやオンラインアカウントを狙った不正アクセスを提供するサービスで、パスワードクラッキング、DDoS攻撃、スパムツールの提供などが含まれます。

3. フィッシングキット

クレデンシャルや個人情報を盗むための偽の Web サイトやフィッシングページの作成に使用されるツールやテンプレート。

銀行やオンラインサービスのログイン情報を詐取するために利用されます。

4. マルウェア・ライセンス・サービス

ランサムウェアなど、マルウェアの開発者や販売者が、他の犯罪者に対してマルウェアのライセンスを提供するサービスです。

これにより、技術的なノウハウやリソースが限られた者でも簡単にマルウェア攻撃を実行できるようになります。

5. データ侵害販売

データベースから盗まれた個人情報や企業の機密情報などを販売するサービスで、そのデータは、身元盗みや詐欺などの目的で悪用される可能性があります。

この具体例があるということで、アンダーグラウンドサービスがさまざまな形で存在し、悪意のある活動を支援するために利用されていることがわかります。

アンダーグラウンドサービスの対策

undefined

アンダーグラウンドサービスに対する効果的な対策は、その性質や提供されるサービスに応じて異なりますが、一般的な対策としては以下のようなものがあります。

1. 法執行機関との協力

法執行機関との協力や情報提供を強化し、アンダーグラウンドサービスの運営者や利用者を摘発することが重要であり、定期的な情報共有や捜査活動の強化が必要です。

2. アクセス制限と監視

アンダーグラウンドサービスへのアクセスを制限し、従業員や関係者に対してサービスの利用を禁止する方針を実施します。

また、インターネットトラフィックの監視を行い、不正な活動を検知します。

3. サイバーセキュリティ対策の強化

アンダーグラウンドサービスに関連するリスクを踏まえて、情報セキュリティの対策を強化します。

特に、ランサムウェアによる被害やフィッシング詐欺などの攻撃から組織を守るための対策が重要です。

4. 情報の共有とインテリジェンス活動

サイバー情報の収集、分析、共有を行い、アンダーグラウンドサービスの動向や傾向を把握します。

これにより、潜在的な脅威への早期の対処が実現します。

5. 従業員教育

従業員や関係者に対して、アンダーグラウンドサービスのリスクや影響について教育し、意識を高めます。

その際、定期的なセキュリティトレーニングや啓発活動が有効です。

これらの対策で、アンダーグラウンドサービスに関連するリスクが軽減され、組織や個人のセキュリティが強化されます。

その中でもすぐに始めることができるのは、サイバーセキュリティの強化であり、パスワードなどの機密情報を守る強力なツールがあればすぐに使い始めるべきです。

Teampassword でアンダーグラウンドサービス対策

undefined

サイバーセキュリティ強化対策の一つとしてパスワード管理ツールの使用がありますが、中でも、安全なパスワード共有や効率的なアクセス管理を行うためのツール である Teampassword がオススメです。

Teampassword には情報管理に関する強力な機能がありますが、使い方が簡単なので、専門家によるセットアップなどの難しい作業は必要ありません。

以下に、Teampassword の主な機能をいくつか挙げてみましょう:

パスワードの共有

Teampassword では、チーム内のメンバーが必要なパスワードにアクセスできるように、パスワードを簡単に共有できます。

また、管理者は、各メンバーに適切なアクセス権限を割り当てることができ、必要なメンバーだけがアクセスできるように制限できます。

例えば、一部のメンバーには特定のパスワードへの読み取り専用アクセス権限を与えることができます。

パスワードの自動生成

Teampassword には、セキュアなパスワードを自動生成する機能があり、これを使って強力なパスワードを秒で生成できます。

また、パスワードの強度をチェックすることもできるので、それによって、ユーザーは安全なパスワードを使うことができ、セキュリティが強化されます。

パスワードの履歴管理

Teampassword では、パスワードの変更や更新があった場合にその履歴を追跡することができます。

これにより、過去のパスワードにアクセスし、必要に応じてそれらを復元することができます。

また何らかの動きがあった場合にそれをメールで知ることができる通知機能を設定することもできるので、想定外のことが起こった場合でも迅速な対応が可能です。

まとめ

Teampassword でアンダーグラウンドサービスの脅威から大切な情報を守りましょう。

無料トライアルにサインアップして、Teampassword がどのようにセキュリティ強化のお手伝いができるかぜひご覧ください。

facebook social icon
twitter social icon
linkedin social icon
パスワードの安全性を高める

パスワードを生成し、正しく管理させるための最適なソフトウェア

TeamPassword Screenshot
おすすめの記事
サプライチェーン攻撃とは?手口や被害事例、対策について解説

サイバーセキュリティ

June 14, 20241 min read

サプライチェーン攻撃とは?手口や被害事例、対策について解説

近年、巧妙で深刻になっているサイバー攻撃の中でも、特に企業にとって脅威なのが、「サプライチェーン攻撃」です。本記事では、サプライチェーン攻撃の全体像を見ていき、被害事例や具体的な手口、そして被害を未然に防ぐためのセキュリティ対策まで、詳しくお話します。

have I been pwned?について解説!もし情報漏洩が自分の身に降りかかった場合の対処法とは?

サイバーセキュリティ

June 11, 20241 min read

have I been pwned?について解説!もし情報漏洩が自分の身に降りかかった場合の対処法とは?

本記事では、have I been pwned?について解説します。have I been pwned?は、データ侵害で盗まれた個人情報を精査し、ユーザーがその被害者に含まれていないかどうかを調べられるように整理してくれるWebサイトであり、データ侵害において欠かせない存在です。

Emotet(エモテット)とは?悪質なマルウェアの脅威とその対策について解説

サイバーセキュリティ

June 7, 20241 min read

Emotet(エモテット)とは?悪質なマルウェアの脅威とその対策について解説

近年、サイバー犯罪の脅威はますます深刻化しており、その中でもEmotet(エモテット)という名前が頻繁に取りざたされるようになりました。本記事では、主にフィッシングメールやスパムメールを介して配布されるエモテットについて、その特徴や対策など関連情報をわかりやすく解説していきます。

チームのためのパスワードマネージャー

TeamPassword は、チームのIDとパスワードを保存および共有するための、最も速く、最も簡単で、最も安全な方法です。