プランと価格

あらゆる規模の組織向けの柔軟なパスワードマネージャー。ウェブサイト、ソーシャルメディア、ブログ、メールマーケティングなど、社内およびクライアントのすべてのパスワードを追加、共有、管理できます。

月額払い

年額払い

スタート

簡単操作のパスワード共有プラットフォーム

5 ライセンスを含む

無料トライアル開始

$

6.34

1ユーザー当りの月額
✨ おすすめ ✨
スタンダード

小規模組織のセキュリティを保護する最もシンプルな方法

15 ライセンスを含む

無料トライアル開始

$

4.16

1ユーザー当りの月額
エンタープライズ

ビジネスに合わせて拡大できるパスワードマネージャー

30+ ライセンスを含む

無料トライアル開始

$

4.16

1ユーザー当りの月額
導入企業
WebMechanixintegritypraxentfirstupInfinite

TeamPassword プロダクトツアー

TeamPasswordは、使いやすさとコラボレーションを考慮してゼロから設計された、シンプルで安全なチームのためのパスワードマネージャーです。

Sharing icon
どこでもアクセス可能

ウェブ、デスクトップ、モバイルデバイスからパスワードにアクセスして管理できます。

Sharing icon
グループと共有

グループを使用すると、チームメンバーの一部、全体、あるいは外部関係者と、ID・パスワードをすばやく共有できます。

Sharing icon
多くのチーム、一つのTeamPassword

一つのTeamPasswordのアカウントで、すべてのパスワードを一箇所で管理できます。

Sharing icon
安全で強力なパスワード生成機

内蔵された高強度のパスワード生成機能を使用して、安全でランダムなパスワードをすぐに生成できます。

Sharing icon
2段階認証

マスターパスワードに加えてGoogle Authenticatorコードを要求することで、セキュリティを一層強化できます。

Sharing icon
アクティビティとログ記録

TeamPasswordのアクティビティでは、どのログイン情報が使用されているか否か、また共有されているログイン情報がいつ更新されたのかを確認できます。

Sharing icon
メール通知機能

メンバーの追加や削除、パスワードの変更など、チーム内で重要な変更があった場合に通知を受けることができます。

Sharing icon
安全な暗号化技術

機密情報は、コンピュータ上でローカルにハッシュ化、ソルト化、暗号化され、暗号化された接続を介してサーバに送信されます。

TeamPassword セキュリティについてもっと見る

よくある質問

オーナーおよび管理者は、右上のアバターをクリックして [設定] メニューを表示し、チーム名を選択して、サブスクリプションにサインアップできます。

画面の左側で、[請求] を選択します。

変更したいプランを選択してください。 注意: 月単位から年単位に変更すると、登録されているカードにすぐに請求されます。

基本プラン以上のプランが必要な場合は、 サポート までお問い合わせください。

詳しい手順は、ヘルプデスクの記事をご覧ください: サブスクリプションを更新する方法

オーナーおよび管理者は、右上のアバターをクリックして [設定] メニューを表示し、チーム名を選択して、請求情報を更新できます。

左側で [請求] を選択し、[支払い方法を追加] を選択して、クレジットカードを追加できます。

すでにカードが登録されている場合は、同じ手順でそのカードを更新できます。

詳しい手順については、ヘルプデスクの記事をご覧ください: お支払い方法の追加

他にご不明な点がある場合、または請求先メールアドレスを更新する必要がある場合は、 サポートまでお問い合わせください。

TeamPasswordでは様々な規模のプランをご用意しています。30以上のアカウントが必要な場合は、 サポートにご連絡ください。また、ボリュームディスカウントについてもお問い合わせください。

忘れないでください。

最初にアカウントを設定する際、アカウントはマスターパスワードによってのみ解読可能な方法で暗号化され、あなた自身のみがアクセスできることを保証しています。このアプローチは、他の誰も (TeamPassword サポートでさえも) アカウントにアクセスできないようにすることを目的としています。新しいアカウントを設定するときは、強力で覚えやすいマスターパスワードを使用し、パスワード物理的にご自身で控えて頂き安全な場所に保管してください。

マスターパスワードを忘れた場合、または紛失した場合、サポートはそれをリセットしたり、データを回復したりすることができません。マスターパスワードを忘れたことが確実な場合は、アカウントを削除すると、プライマリメールアドレスを使用して新しい招待メールを受け取ることができます (ご希望の場合)。

マスターパスワードを紛失または忘れた場合は、 サポート までお問い合わせください。

いいえ! TeamPassword には、CSVからログイン情報を簡単にインポートできるツールがあります。

どのチームメンバーもログインをインポートできますが、このプロセス中に新しいグループを作成できるのは管理者だけです。

チームメンバーとしてログインをインポートするには、右上のアバターをクリックし、[アカウント] で [設定] を選択します。 次に、左側のメニューで [アカウントのインポート] を選択します。

管理者としてログインをインポートするには、右上にあるチームの名前をクリックします。 次に、左側のメニューで [アカウントのインポート] を選択します。

[アカウントのインポート] ページには、CSV内のデータを配置する方法に関する詳細な手順があり、サンプルのテンプレートも含まれています。準備ができたら、[CSV をインポート] ボタンをクリックします。

Bulk Importer がポップアップ表示されます。 この画面が表示されない場合は、ポップアップの設定を確認してください。 Importerでは、レコードをインポートする方法が2つあります。 CSVファイルからデータをアップロードするボタンを使用します。

ログイン情報をインポートする詳しい手順については、ヘルプデスク記事 「CSV を使用したインポート」を参照してください。

はい!2要素認証 (2FA) は、アカウントに追加のセキュリティ レイヤーを提供し、すべてのユーザーに推奨されます。

2FAを設定するには、設定ページを参照し、左側で [2段階認証] を選択します。 クリックしてオンにし、Google Authenticator、AuthyなどのOTPアプリでQRコードを読み取ります。生成されたコードを入力すると、2FAがONになります。

この合間にバックアップコードをダウンロードしておくと、万が一、携帯電話や認証アプリにアクセスできなくなった場合でもアクセスできるようになります。これらのコードは、誰かがあなたのアカウントの2FAを傍受することを可能にするため、確実に保管してください。

詳しい手順については、ヘルプデスクの記事: 2FAのセットアップを参照してください。

TeamPassword ならそれが可能です。

オーナーまたは管理者の場合、組織の2段階認証プロセスの設定は、[チームの管理] 設定で確認できます。

組織のオーナーまたは管理者は、組織全体の適用を有効にする前に、ご自身のアカウントで2FAが有効になっていることを確認する必要があります。

組織全体で 2FA が有効になると、有効になっていないユーザーは [設定] にリダイレクトされます。この場合、2FAを有効にするまでTeamPasswordを使用できず、自身のアカウントで2FAを有効にするためのリンクを含むリマインダーがポップアップで表示されます。

オーナーと管理者が組織全体に2FAを設定する方法の段階的なチュートリアルについては、ヘルプデスクの記事: 「組織全体で2FAを適用する」を参照してください。

はい! TeamPassword には、Google シングル サインオン (SSO) があります。

Google SSOは、GoogleユーザーがTeamPasswordアカウントにアクセスするための迅速かつ安全な方法であり、管理者のオンボーディングとオフボーディングをより簡単にするものです。

Google ログインを設定するには、設定ページを参照して [Google でログイン] を選択します。 1つのGoogleアカウントにサインインしている場合は、そのアカウントが選択された状態でTeamPassword にリダイレクトされます。 複数のGoogleアカウントをお持ちの場合は、TeamPasswordアカウントに連携させるGoogleアカウントを選択することができます。

Googleアカウントを選択すると、アカウントを連携する前に確認するオプションが表示されます。パスワードのみでログインしたい場合は、Googleサインインを無効にすることができます。

質問がありますか? サポートにお問い合わせください。

別のサービスのシングルサインオンが必要ですか? サポート にご連絡ください。

はい! TeamPasswordはAES 256-bitを使用します。 データは、暗号化された接続を介してサーバに送信される前に、コンピューター上でローカルにハッシュ化、ソルト化、および暗号化されます。 また、当社のホスティングプロバイダーは、業界最高水準で認定されています。

コードやアップデートを展開する際には、安全なプロトコルに従います。また、頻繁に脆弱性調査を行い、システムにウイルスがないか、お客様の機密データにつながるバックドアがないかを確認します。

また、DoS攻撃、データ漏洩、bot攻撃からの保護するためのバックエンドの不正検知分析や保護を徹底しています。

さらに詳しい情報は サポートにお問い合わせください。

TeamPassword は、iOSとAndroid向けのアプリを提供しています。 モバイルアプリでは、ユーザ名とマスターパスワード、またはGoogleシングルサインオンを使用してログインし、データにアクセスすることができます。

モバイルアプリのインストールおよび操作方法については、ヘルプデスクの記事をご覧ください: TeamPasswordモバイル アプリ

TeamPassword には、Chrome、Firefox、Mozilla、Edge 用のブラウザ拡張機能があります。見つけるのにお困りですか? サポートにお問い合わせください。