パスワードの安全性を高める

始める
CTA icon
【2024年度版】中小企業のセキュリティにおける脅威6選

【2024年度版】中小企業のセキュリティにおける脅威6選

March 27, 20241 min read

サイバーセキュリティ

セキュリティの脅威がいたるところに存在する現在、大企業であれ中小企業であれ、どの企業においてもサイバー攻撃はもう他人事ではなくなりました。一度に何億円もの大金を狙うサイバー犯罪者もいますが、数万円ずつをいくつもの企業から盗るという手口も最近では多く見受けられます。

数万円ぐらいであれば少額に思えるかもしれませんが、平均月給が5万円以下の東欧やアジアの地域だと、サイバー犯罪者は週に数時間働くだけでそれなりの生活費を稼ぐことができてしまいます。

セキュリティの脅威を軽減するには、まず効果的なパスワード管理が重要となります。TeamPassword の中小企業向けの強固な認証情報管理ソリューションをぜひ14日間無料でお試しください。

【目次】

サイバーセキュリティの脅威とは

サイバーセキュリティやセキュリティの脅威とは、組織が攻撃を受ける可能性のあるリスクや脆弱性のことです。企業は、包括的なセキュリティ監査を通じてこういったリスクを特定し、サイバーセキュリティの脆弱性を軽減する方法を決定します。

サイバー犯罪者が中小企業を攻撃する理由

サイバー犯罪者は、以下のように大企業に侵入するのと同じ理由で中小企業を攻撃します。

  • 金銭的利益
  • 機密データや知的財産
  • サプライチェーン攻撃戦略 - より大きな標的への導線として、より弱いネットワークに侵入
  • ランサムウェア
  • マルウェアのインストール
  • 企業破壊工作またはスパイ活動

中小企業は、洗練されたセキュリティシステムを備えた大企業に比べて侵入されやすいです。

たいていの場合、中小企業をハッキングしようとするのは、デジタル資産の乗っ取りやデータの盗み出し、システムの身代金要求などの低レベルの犯罪者ですが、それでも時折、情報収集のため、あるいはもっと大きな標的を狙う手段として、サイバースパイ集団が規模が大きくない企業に潜入することがあります。

中小企業におけるセキュリティの脅威6選

中小企業は日々多くのセキュリティ脅威に直面していますが、ほとんどの場合、誰もそれに気づいてません!

例えば、ハッカーは自動化ツール(ボット)を使ってプラットフォームやネットワークをうろついて、ユーザー名とパスワードの組み合わせを試してシステム侵入を試みますが、ファイアウォールやアンチウィルスのソフトウェアがバックグラウンドで動作し、こうした絶え間ない攻撃から企業を守っています。

ここでは、中小企業が直面するセキュリティ脅威6つを見ていきましょう。

1.パスワードの使いまわしと脆弱性

中小企業が犯しがちなパスワードの失敗は、以下の2つです。

  • 複数のアカウントでのパスワードの使いまわし
  • 推測されやすい弱いパスワードの使用

パスワードの使いまわしは危険な行為です。この場合、ハッカーは認証情報を1セット盗むだけで、同じパスワードを使って複数の企業アカウントにアクセスできてしまいます。

ハッカーはデータ侵害で盗んだ認証情報を使って、一致するものが見つかるまで同じユーザー名とパスワードを他のプラットフォームでも試す攻撃(クレデンシャルスタッフィング攻撃)を実行します。

脆弱なパスワードは中小企業でよく見られます。チームメンバーは、複数のアカウントのログインを管理するために、誰でも推測できる言葉やフレーズを使って、弱いパスワードを作成してしまうケースが多々見受けられます。

そこで TeamPassword のようなパスワードマネージャーを使えば、認証情報の再利用や弱いパスワードの利用を防ぐことができます。

TeamPassword には、チームメンバーが数回クリックするだけで安全なパスワードの作成や保存ができるパスワードジェネレータが搭載されており、大文字、小文字、記号、数字を使って12~32文字のパスワードを作成できます。

また、TeamPassword のパスワードジェネレータを使って安全なユーザー名を作成することで、認証情報のセキュリティは上がり、クレデンシャル攻撃やブルートフォース攻撃は軽減されます。

2.お粗末なパスワードの保存と共有

リソースが限られている中小企業では、スプレッドシート、メール、メッセージアプリを使ってパスワードを保存して、それをチームメンバーと共有することがよくあります。そして従業員は Chrome などのブラウザにパスワードを保存して、それによって会社はさらなる脆弱性にさらされているのです。

このような安全でないパスワードの保管・共有方法だと、企業の認証情報なんて数分で大多数あるいは全部が簡単に盗まれてしまいます!場合によっては、このような保存方法は GDPR(EU一般データ保護規則)やCCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)の規制に違反する可能性もあります。

安全なパスワードの保存と共有は、どんな企業にとっても最優先事項です。 TeamPassword を使えば、中小企業でも簡単に会社や顧客の認証情報を安全に保管できます。

TeamPassword は、最先端の暗号化を使って会社の認証情報を保存する、安全なホスティングプロバイダとして認定されており、多くの多国籍企業や米国を含む政府機関に信頼されている AES 256 ビットの暗号化を使用しています。

また、TeamPassword はチームメンバーとの認証情報の共有も簡単です。必要な人だけがアクセスできるグループを作成でき、アクセスが不要になった人は、ワンクリックでグループから外すことができます。

14日間の無料トライアルで、ビジネスを保護してくれる TeamPassword のセキュリティ機能をさらに詳しくご覧ください。

3.ソーシャル・エンジニアリング(フィッシング攻撃)

ソーシャル・エンジニアリングとは、心理的操作に基づく複数種類のサイバー攻撃の総称です。

ソーシャル・エンジニアリングの最も一般的な例は、犯罪者がトロイの木馬やマルウェアをダウンロードさせるリンクを貼った「なりすまし」の通信を従業員に送るフィッシング攻撃です。

フィッシングのほとんどはメール経由で届きますが、ショートメール、SNS、チャット、電話などの通信手段も利用されます。

また、スピアフィッシングとは、犯罪者が個人情報や身近なコミュニケーションを利用して、特定の個人やグループを標的にする集中型のフィッシング攻撃です。

スピアフィッシング攻撃は特定が難しいことから、よく訓練されたセキュリティ意識の高い専門家や政府職員でもよく騙されてしまいます。

ソーシャル・エンジニアリング攻撃に対抗するには、教育と研修を重ねていくしかありません。矛盾や不審なコミュニケーションを見抜く方法の教育を従業員に向けて行いましょう。

4.マルウェア、スパイウェア、ランサムウェア攻撃

サイバー犯罪者がマルウェア、スパイウェア、ランサムウェア攻撃を展開する方法は数多くありますが、多くの場合、犯罪者はソーシャル・エンジニアリングを利用してこのような悪意のあるパッケージをインストールすることで、企業のデバイスやネットワークにアクセスできるようになります。

犯罪者がこのようなパッケージを展開するもう一つの方法は、公衆 WiFi ネットワークを経由するやり方です。犯罪者は、スターバックスのような広く利用されているローカル WiFi ネットワークを模倣した偽装ネットワークをよく設定します。そのネットワークへのログインがあれば、そこで悪意のあるコードがインストールされ、それで攻撃者はデバイスにアクセスできるようになります。

従業員のデバイスが一人でもハッカーからアクセスされれば、ハッカーはそこから社内ネットワークを通じて横方向に移動し、他の従業員、デバイス、ネットワークに感染させ、マルウェア、スパイウェア、ランサムウェア、その他の悪意のあるソフトウェアをインストールすることができてしまいます。

中小企業にはこの巧妙なテクノロジーに対する防御策がほとんど、あるいはまったくないので、特にランサムウェアの被害を受けやすいです。

また、犯罪者が狙うのは大企業の数億円規模の大金だけだと思い込むのは安易で危険です!

サイバー犯罪者の多くは、中小企業から数万円規模の搾取を繰り返すことで満足できる資金を集めることができてしまいます。

ソーシャル・エンジニアリングと同様、悪意のあるコードに対抗するには、教育が必要です。企業はインターネットの閲覧を制限し、リンクやダウンロードをクリックすることの危険性について従業員を教育しなければなりません。

また、中小企業は、無料のソフトやアプリケーションの使用も避けなけるべきです。犯罪者はフリーウェアや無料アプリを利用して、デバイスをマルウェアに感染させることがよくあります。一度デバイスにアクセスされると、アプリを削除しようがアンチウイルスソフトを使おうが、マルウェアの除去は非常に難しいです。

5.分散型サービス拒否(DDoS)攻撃

サイバー犯罪者は、システムに対する組織的な攻撃で多数のコンピュータを使用し、通常はシステムをシャットダウンするためにルートアクセス認証を制圧します。

大抵の DDoS 攻撃は、ハッカーが発見されずに通過できるような、より微妙な侵害から混乱を引き起こしたり、注意をそらしたりすることを目的としています。人通りの多い公共の場所でスリが働くように、一人がみんなの注意をそらしている間にもう一人が財布を盗むのです。

DDoS 攻撃に対処する能力を持ち合わせている中小企業はほとんどありませんが、そういった企業向けの、被害を軽減するためのツールやシステムはあります。

6.インサイダーの脅威

大企業ではより一般的ですが、契約社員、クライアント、フリーランサーを含む中小企業にとって、インサイダーの脅威は依然としてセキュリティ上の脅威になります。

インサイダーの脅威の特定や防御は複雑であり、企業がインサイダーの脅威を軽減する方法の1つとして、システム、データ、アプリケーションへのアクセスを制限するサイバーセキュリティ戦略が効果的です。

中小企業でも、パスワードマネージャーを使えば同様の戦略を実現でき、TeamPassword を使えば、共有用のグループを作成して、必要な人だけにアクセスを提供することができます。

TeamPassword をフリーランサー、派遣社員、請負業者とのアクセス共有に使うことで、このような人たちにパスワードを盗まれたり、アクセスを共有されたりするのを防ぐことができます。

TeamPassword のアクティビティログは、全チームメンバーを追跡し、機密データやアプリケーションに即座に警告を発するためのメール通知を設定が可能です。

TeamPassword によるセキュリティ脅威の軽減

TeamPassword は、中小企業が日々直面しているセキュリティ上の脅威の多くを解決するために開発されました。中小企業の最大の課題は、パスワードの管理と、チームメンバーへの安全なアクセス提供です。

そこで TeamPassword が提供している中小企業向けの手頃な価格のパスワードマネージャを使うことで、こういった問題を軽減することができます。

企業のパスワード管理ソリューションに TeamPassword を選ぶべき理由は以下のように5つあります。

  1. どこでもアクセス可能:TeamPassword は Chrome、Safari、Firefox 用のブラウザ拡張機能を備えているため、チームはお好みの OS でこのパスワードマネージャを使うことができ、さらに TeamPassword アプリはモバイル専用アプリへのアクセスを提供している。
  2. 安全なユニークパスワードジェネレータ:TeamPassword に内蔵されているパスワードジェネレータを使って、ワンクリックで全アカウントにユニークで強固なパスワードを作成できる。
  3. 2FA(二要素認証):チームメンバーは、TeamPassword アカウントを 2FA で保護することができる。攻撃者が従業員の TeamPassword 認証情報を盗むことに成功したとしても、2FA によって完全な侵入を防ぐことができる。ちなみに、2FAには iOS および Android デバイスで利用可能な Google Authenticator が使用されている。
  4. 安全な暗号化:TeamPassword では最先端の暗号化技術を使って、パスワードをサーバーにアップロードする前に、コンピュータ上でハッシュ化、ソルト化、暗号化を行う。パスワードが TeamPassword アカウントで暗号化されているため、Teampassword の従業員でさえ顧客のデータの閲覧は不可能である。
  5. アクセス管理:必要な人にのみ認証情報を共有することで、企業の認証情報を管理できる。グループを作成してアクセス権を共有し、それが不要になった人がいたら、そのチームメンバーは外すことができる。

無料で14日間お試し

TeamPassword の高度なパスワード管理ソリューションでセキュリティの脅威を最小限にしませんか。

14日間の無料トライアルにサインアップして、ぜひお試しください!

facebook social icon
twitter social icon
linkedin social icon
パスワードの安全性を高める

パスワードを生成し、正しく管理させるための最適なソフトウェア

TeamPassword Screenshot
おすすめの記事
パスワードマネージャーとVPN:どのように組み合わせて使うのがベストなのか

サイバーセキュリティ

May 21, 20241 min read

パスワードマネージャーとVPN:どのように組み合わせて使うのがベストなのか

パスワードマネージャーとVPNは、組織がシステムのセキュリティを強化する上で有効な手段となります。本記事では、パスワードマネージャーとVPNとは何か、どのように機能するのか、そして組織を守るためにどのように活用するのがベストなのかについて詳しく解説します。

アンダーグラウンドサービスの脅威:情報セキュリティの闇とその対策

サイバーセキュリティ

May 17, 20241 min read

アンダーグラウンドサービスの脅威:情報セキュリティの闇とその対策

本記事では、サーバー攻撃の一つで、情報セキュリティ10大脅威にもランクインしている「アンダーグラウンドサービス(犯罪のサービス化)」について詳しく解説するとともに、そのような活動の被害に合わないようにするための対策についてお話します。

2022年に起きたUberのデータ侵害について解説

サイバーセキュリティ

May 15, 20241 min read

2022年に起きたUberのデータ侵害について解説

2022年は大手ハイテク企業が相次いでデータ侵害に見舞われた年でした。「Uber」も2022年にその被害者となりました。本記事では、2022年にUberが被害を受けたデータ侵害事件について詳しく解説し、企業が自社のセキュリティを強化するために何をすべきかを紹介します。

チームのためのパスワードマネージャー

TeamPassword は、チームのIDとパスワードを保存および共有するための、最も速く、最も簡単で、最も安全な方法です。