パスワードの安全性を高める

始める
CTA icon
岡山県精神科医療センターがサイバー攻撃を受け個人情報流出の可能性:原因と対策を徹底解説

岡山県精神科医療センターがサイバー攻撃を受け個人情報流出の可能性:原因と対策を徹底解説

2024-06-21T01:00:00.000Z1 min read

ニュース

2024年6月、岡山県精神科医療センターでランサムウェアによるサイバー攻撃が発生し、約4万人の患者情報が流出する深刻な事件が発生しました。

そこで本記事では、岡山県精神科医療センターにおけるサイバー攻撃を見ていき、情報流出の原因と影響、被害を防ぐための対策について詳しくお話します。

【目次】

事件の概要:約4万人の患者情報が流出

undefined

攻撃の経緯

2024年6月11日、岡山県精神科医療センターは、「ランサムウェア」と呼ばれるマルウェアによるサイバー攻撃を受けました。その際攻撃者は、不正な手段でシステムに侵入し、電子カルテシステムを含む複数のシステムをダウンさせました。

この攻撃により、約4万人の患者情報が流出した可能性があり、流出した情報には、患者の氏名、住所、生年月日、電話番号、病名、服薬情報などが含まれていたとされています。

流出した情報が実際に悪用されたかどうかは確認されていませんが、悪用された場合、患者にとって以下のような重大な被害が発生する可能性があります。

  • 個人情報の悪用:漏洩した情報が、なりすましや詐欺などの犯罪に利用される
  • 医療情報の漏洩:患者が差別や偏見を受けるなどの風評被害が発生する
  • 医療機関の信頼失墜:その医療機関の信頼がなくなり、患者の減少や医療従事者の士気低下につながる

では、この事件の原因は何でしょうか。以下で見てみましょう。

情報流出の原因:ランサムウェアによる攻撃

undefined

ランサムウェアとは

ランサムウェアとは、コンピューターウイルスの一種で、感染したコンピューターやネットワーク上のファイルを暗号化し、所有者に対して、そのファイルの復号化キーの「身代金」を要求するマルウェアのことです。一度感染すると、被害者は復号化キーを得るためにサイバー犯罪者に支払いを強いられることになる可能性があります。そしてランサムウェアは、個人のコンピューターから企業の重要なデータまで幅広い範囲で被害をもたらす可能性があり、近年特に深刻なセキュリティ脅威として警戒されています。

攻撃の手口

今回の攻撃では、攻撃者はフィッシングメールや脆弱性攻撃などの手段でシステムに侵入してランサムウェアを仕込んだと考えられており、その際ランサムウェアで、システム上のデータが暗号化され、復号キーと引き換えに身代金を要求するメッセージが表示されました。

被害拡大の要因

今回の情報流出が拡大した要因としては、以下の点が考えられます。

  • セキュリティ対策の不備:システムに脆弱性があった可能性がある。
  • 情報管理の徹底不足:適切なアクセス権限設定やバックアップ取得などの対策が講じられていなかった可能性がある。
  • 職員への教育不足:サイバー攻撃に関する知識や対応方法についての教育が十分に行われていなかった可能性がある。

被害を防ぐための対策

undefined

セキュリティ対策の強化

サイバー攻撃は、医療機関に限らず、どんな業界のあらゆる組織にとっても深刻な脅威であり、サイバー攻撃の被害を防ぐには、以下の対策が重要です。

  • 最新の情報セキュリティ対策ソフトの導入と定期的なアップデート:ランサムウェアなどのマルウェアや脆弱性攻撃からシステムを守るために非常に重要であり、このようなソフトウェアで、常に最新の脅威情報が反映され、悪意のあるプログラムの検出や防止につながる。また、定期的なアップデートを行うことで、新たに発見された脆弱性に対して迅速に修正が適用され、セキュリティの強化になる。
  • ファイアウォールや侵入検知システムの導入:ネットワークを不正アクセスから守るための基本的な対策であり、不正なアクセスや不審な通信を遮断することでネットワークのセキュリティを確保し、侵入検知システムは異常な行動を検知して迅速に対処する役割を果たす。
  • 社員へのセキュリティ教育:社内教育は、社員のサイバー攻撃に対する意識改革や、適切な対応方法の理解を目的としており、このような教育を通じて、従業員はフィッシング詐欺やランサムウェアのリスクをより認識できるようになり、不審なリンクや添付ファイルに気づく能力が養われる。
  • 情報管理の徹底:特に機密情報や個人情報を扱う組織にとって重要であり、適切なアクセス制御やデータの暗号化を実施して情報への適切な管理や保護を行うことで、情報漏洩のリスクが最小限に抑えられる。
  • 定期的なバックアップの取得:万が一の情報漏洩やランサムウェア攻撃に備える重要な手段。定期的にデータのバックアップを取得して、異常な情報へのアクセスや暗号化されたファイルの回復が必要な場合に備える。

こういった対策を組み合わせることで、組織はより強固なセキュリティ体制を築き、サイバー攻撃からの防衛を強化することができます。

そしてそれに加え、TeamPassword のようなパスワード管理ツールの仕様も有効です。

パスワード管理ツールでセキュリティ強化

undefined

パスワード管理ツールの使用も重要な情報セキュリティ対策の一つです。パスワード管理ツールは、複数のオンラインアカウントやシステムにおいて強力で一意なパスワードを生成し、安全に保存・管理するためのソフトウェアです。上に上げた対策は時間をかけてやるものですが、TeamPasswordのようなパスワード管理ツールだと、すぐに使い始めることができるものもあり、セキュリティ対策を簡単に始めることができます。

以下でTeamPasswordの機能や利点を見てみましょう。

強力で一意なパスワードの生成機能

TeamPassword には 、ランダムで複雑なパスワードをワンクリックで生成する機能があります。これにより、簡単に推測されたり解読されることがない強力なパスワードを作成することができます。また、パスワードの強度を測る機能もあり、既存のパスワードの強度を調べることができます。パスワードに十分な強度があればそのまま継続して使い、強度に不安があればパスワード生成機能で新しいパスワードを作って差し替えましょう。

複数のアカウントの管理

多くの人が複数のオンラインサービスやアカウントを持っていますが、同じパスワードを使い回すと、1つのアカウントが侵害された場合、他のアカウントにも芋づる式に影響が及んでしまう可能性があります。そこで強固なパスワード管理ツールである TeamPassword を使って、各アカウントごとに異なる強力なパスワードを作って各アカウントを管理すれば、セキュリティが強化されてより安全になります。

セキュアな保存と暗号化

TeamPassword は通常、安全な方法でパスワードを保存し、暗号化されたデータベースに格納します。これにより、不正アクセスからパスワードが守られ、安全に管理されます。また、万が一侵入されたところで、暗号化された情報が盗まれるだけなので、情報が漏れることはありません。そしてサイバー攻撃者が時間をかけて解読している間に、パスワード生成ツールを使ってパスワードを変更すれば。攻撃者がその後にまた侵入を試みたとしてももう入れません。

TeamPassword でセキュリティ対策を始めませんか?サイバー攻撃はもはやいつでも誰にでも起こりうることなので、個人レベルでも組織レベルでも早急な対策が必要です。

こちらから14日間の無料トライアルにサインアップし、安全な情報管理をぜひご体験下さい。

facebook social icon
twitter social icon
linkedin social icon
パスワードの安全性を高める

パスワードを生成し、正しく管理させるための最適なソフトウェア

TeamPassword Screenshot
おすすめの記事
【最新版】世界のパスワードランキング2023についての考察

サイバーセキュリティ

2023-12-15T02:00:00.000Z1 min read

【最新版】世界のパスワードランキング2023についての考察

セキュリティ企業である Nord Security が2023年に世界で最も使われたパスワードのランキングを発表しました。本記事では、パスワードランキングの上位にランクインするパスワードを使うべきでない理由や、どのようなパスワードを使うべきかについてお話します。

ニュース

2023-06-08T05:20:00.000Z2 min read

役員補佐 vs 管理職 vs CoS(チーフ・オブ・スタッフ):今雇うべきは?

小規模なチームから大規模な組織へと移行する企業の成長に伴う悩みは、多岐にわたります。成長するにつれ、チームを編成、管理し、さらには連携させる必要性が高まり、場合によっては「役員補佐」や「管理職」などアシスタントの雇用が必要となるでしょう。

チームのためのパスワードマネージャー

TeamPassword は、チームのIDとパスワードを保存および共有するための、最も速く、最も簡単で、最も安全な方法です。