パスワードの安全性を高める

始める
CTA icon
DDoS攻撃:インターネット上の脅威とその対策

DDoS攻撃:インターネット上の脅威とその対策

(※この記事は、2024年5月24日に更新されました。)

インターネットの利用が拡大する中で、DDoS(分散型サービス拒否)攻撃はますます深刻な脅威となっています。

この攻撃は、複数のコンピューターから大量のトラフィックを送り込み、ターゲットのWebサイトやネットワークをダウンさせるものであり、政治的、経済的、または単なる悪意のために行われ、その被害は甚大です。

このような攻撃から身を守るために、企業や組織はもちろん、個人レベルでもセキュリティ対策の強化が必要がです。

そこで本記事では、DDoS攻撃の基本的な概要から、その特徴や被害の実例、そして対策方法について詳しく見ていきます。

【目次】

DDoS攻撃とは

undefined

DDoS 攻撃は、分散型サービス拒否攻撃(Distributed Denial of Service attack)の略称であり、攻撃者が複数のコンピュータやデバイスを使って、特定のWebサイトやオンラインサービスに大量のトラフィックを送りつけ、そのサービスを一時的または永続的に利用不能にするサイバー攻撃です。

攻撃を仕掛ける側の目的は経済的損害を与えることであり、その際に攻撃者は、通常、ボットネットと呼ばれる大規模なネットワークを使って攻撃を仕掛け、数千から数百万ものデバイスを制御します。

特徴と攻撃の手口

undefined

DDoS攻撃の特徴には、以下のようなものがあります。

分散化された攻撃源

攻撃者は、世界中の複数のコンピュータや IoT デバイスを利用し、攻撃トラフィックを分散化させます。

大規模なトラフィック

攻撃のトラフィックは、通常、数十ギガビットから数テラビットに及ぶ大規模なものです。

トラフィックの偽装

攻撃のトラフィックは、通常、偽造されたIPアドレスや不正なリクエストで構成されており、正規のトラフィックと区別がつきにくい場合があります。

このサイバー攻撃の手口は多岐にわたりますが、代表的なものとして、UDPフラッド、SYNフラッド、HTTPフラッドなどのフラッド攻撃が挙げられます。

こういった手法は、それぞれさまざまなプロトコルや通信方式をターゲットとして、サービス提供者のネットワークやサーバーを圧倒することがあります。

DoS 攻撃との違い

ちなみに、DDoS(Distributed Denial of Service attack:分散型サービス拒否)攻撃と聞いて DoS(Denial of Service attack:サービス拒否)攻撃を思い浮かべる人がいるかもしれませんが、DDoS攻撃とDoS攻撃 の間には、類似している点もありますが、主な違いは攻撃の規模と発生源の数にあります。

DoS攻撃は、通常、1つの攻撃者から1つのソースで実行され、対するDDoS攻撃は、分散された複数の攻撃者やソースから発生します。

被害を受けるとどうなるのか:被害の実例

undefined

DDoS攻撃を受けた場合、さまざまな形で被害が現れますが、DDoS攻撃の被害としては、一般的に以下のようなものが挙げられます。

サービスの停止

攻撃のトラフィックによって、サーバーやネットワークが過負荷になり、正規のユーザーからのリクエストを処理できなくなることがあります。

これにより、Webサイトやオンラインサービスが一時的または永続的に利用不能になる可能性があります。

サーバーの障害

過剰なトラフィックによって、サーバーやネットワークのリソースが枯渇して障害が発生してしまうことがあり、それによって、データの損失や顧客へのサービス停止が生じる可能性があります。

実際のDDoS攻撃を受けた例としては、2016年のMiraiボットネットによる攻撃や、2018年のGitHubへの大規模なDDoS攻撃などが挙げられます。

この攻撃で、大規模なインターネットの一時的な麻痺が引き起こされ、多くのオンラインサービスがアクセスの遅延やサービスの中断などの影響を受けました。

対策方法

undefined

DDoS攻撃 に遭わないに越したことはありませんが、今はもういつどこで攻撃の被害に見舞われるかわかりません。なので早めに対策を立てておくのが一番です。

DDoS攻撃から身を守るための対策方法として、以下のようなものが挙げられます。

DDoS 対策サービスの利用

クラウドベースのDDoS対策サービスを利用することで、攻撃トラフィックをフィルタリングし、正規のトラフィックを通過させることができます。

トラフィック監視と検出

ネットワークトラフィックを監視し、異常なトラフィックを検出するシステムを導入することで、攻撃の早期特定および対処ができます。

帯域幅制限

サービス提供者は、過剰なトラフィックに対処するために、帯域幅制限を導入することができます。

これにより、過負荷状態を防ぐことが可能です。

パスワード管理ツールの利用

パスワード管理ツールは、安全なパスワードの生成、保存、管理を支援するためのソフトウェアであり、強力なパスワードの生成や、サーバーやネットワークへのアクセスの保護のために利用されます。

DDoS攻撃への対策をこのように行うことで、DDoS攻撃からの保護を強化することができますが、莫大な初期投資や面倒くさいトレーニングを心配することなくすぐに対策を行いたい場合は、パスワード管理ツールの使用がおすすめです。

例えば、強固なパスワード管理ツールである Teampasswordには無料トライアルが設けられており、その強固な機能を無料で体験することができます。

TeampasswordでDDoS 攻撃対策

undefined

Teampasswordは強固なパスワード管理ツールであり、面倒な設定やトレーニング無しですぐに始めることができます。以下でその特徴を見てみましょう。

パスワード生成

ランダムで複雑なパスワードを自動生成する機能があり、それによって、推測されにくくセキュアなパスワードを簡単に作成することが可能です。

また、パスワードの強度チェックもできるので、それで既存のパスワードの強度を調べることができ、強度が不十分であればパスワード生成機でさっと新しいパスワードを作ることができます。

パスワード保存

パスワード管理ツールは、すべてのアカウントのパスワードが暗号化され、安全に保存されます。

これにより、ユーザーは複数のパスワードを記憶する必要がなくなり、パスワードを紙に書いてパソコンの画面に貼り付けたり自分のメールにパスワード一覧を送ったりして、機密情報が自己的に漏れるリスクが下がります。

チーム向けのパスワード管理

Teampasswordでは、複数のユーザーがアカウントにアクセスして、パスワードを共有できます。

また、役割ベースのアクセス制御が可能であり、管理者はユーザーの役割に応じてアクセス権限を設定し、必要な情報に適切なユーザーがアクセスできるように管理できます。

その際、パスワード共有のグループでアクセスが不要になったメンバーがいれば、クリック一つでグループから外すことができます。

2段階認証(2FA)

Teampasswordでは、マスターパスワードに加えてGoogle Authenticatorコードを要求することで、セキュリティが一層強化されています。

また、ユーザーはバックアップコードを生成して、ロックアウトされないようにすることもできます。

パスワード管理ツールの利用は、セキュリティを強化し、不正アクセスからの保護を支援します。

特に、サービス提供者やオンライン企業は、管理者アカウントや重要なシステムに対して、強力なパスワード管理を実践することが重要です。

まとめ

DDoS攻撃は、インターネットの脅威の一つとして深刻な問題であり、その特徴や攻撃手口、被害の実例について理解して適切な対策を講じることが重要です。

クラウドベースのセキュリティサービスの利用やトラフィックの監視、パスワード管理ツールの利用など、様々な対策手段を講じることで、DDoS攻撃からの保護を強化することができます。

Teampassword を使って大切な機密情報をDDoS攻撃から守りませんか。

Teampasswordは、強力なパスワード管理ツールであり、クラウドベースのセキュリティサービスを利用することで、DDoS攻撃から大切な情報を守ることができます。

さらに、簡単なインストールや使いやすさが特長であり、無料トライアルで、セキュリティ対策の強化を体験できます。

こちらから無料トライアルにご登録いただき、Teampasswordがどのようなツールなのかぜひご体験ください。

facebook social icon
twitter social icon
linkedin social icon
パスワードの安全性を高める

パスワードを生成し、正しく管理させるための最適なソフトウェア

TeamPassword Screenshot
おすすめの記事
サプライチェーン攻撃とは?手口や被害事例、対策について解説

サイバーセキュリティ

June 14, 20241 min read

サプライチェーン攻撃とは?手口や被害事例、対策について解説

近年、巧妙で深刻になっているサイバー攻撃の中でも、特に企業にとって脅威なのが、「サプライチェーン攻撃」です。本記事では、サプライチェーン攻撃の全体像を見ていき、被害事例や具体的な手口、そして被害を未然に防ぐためのセキュリティ対策まで、詳しくお話します。

have I been pwned?について解説!もし情報漏洩が自分の身に降りかかった場合の対処法とは?

サイバーセキュリティ

June 11, 20241 min read

have I been pwned?について解説!もし情報漏洩が自分の身に降りかかった場合の対処法とは?

本記事では、have I been pwned?について解説します。have I been pwned?は、データ侵害で盗まれた個人情報を精査し、ユーザーがその被害者に含まれていないかどうかを調べられるように整理してくれるWebサイトであり、データ侵害において欠かせない存在です。

Emotet(エモテット)とは?悪質なマルウェアの脅威とその対策について解説

サイバーセキュリティ

June 7, 20241 min read

Emotet(エモテット)とは?悪質なマルウェアの脅威とその対策について解説

近年、サイバー犯罪の脅威はますます深刻化しており、その中でもEmotet(エモテット)という名前が頻繁に取りざたされるようになりました。本記事では、主にフィッシングメールやスパムメールを介して配布されるエモテットについて、その特徴や対策など関連情報をわかりやすく解説していきます。

チームのためのパスワードマネージャー

TeamPassword は、チームのIDとパスワードを保存および共有するための、最も速く、最も簡単で、最も安全な方法です。