パスワードの安全性を高める

始める
CTA icon
Cookie:危険性とセキュリティ対策 〜オンラインプライバシーを守るための重要な手段〜

Cookie:危険性とセキュリティ対策 〜オンラインプライバシーを守るための重要な手段〜

2024-05-31T01:00:00.000Z1 min read

サイバーセキュリティ

(※この記事は、2024年5月31日に更新されました。)

インターネットを利用する際に、「Cookie」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。

Webブラウザの設定やWebサイトの同意画面でこの用語をよく目にすると思いますが、Cookieはオンライン体験のカスタマイズだったり、追跡や広告の配信に利用されます。

ただ、Cookieにはプライバシー上の危険性が懸念されることもあります。

そこで本記事では、Cookieの基本情報からセキュリティの懸念、そしてセキュリティ対策までをわかりやすく解説します。

【目次】

Cookieとは?

undefined

Cookie(クッキー)とは、WebサイトがWebブラウザに保存する小さなデータファイルのことであり、これで Web サイトがユーザーのブラウジングの情報を記憶したり、その情報を使ってUX(ユーザーエクスペリエンス)をカスタマイズしたり、サイトの機能を提供したりすることができます。

Cookie の種類

Cookieの種類には、主に以下が挙げられます。

セッションCookie

ユーザーがWebサイトにアクセスしている間だけ有効。ブラウザを閉じるとセッションが終了し、Cookieは削除されます。

主にセッションの状態の維持に使われます。

永続Cookie

ユーザーが指定した期間(通常は数日から数年)で有効となります。

ブラウザを閉じても削除されず、指定された期間内であれば何度も使えます。永続的な設定やユーザーの設定を記憶するのに使われる場合があります。

ファーストパーティCookie

現在ユーザーが閲覧しているWebサイトから発行されます。通常はWebサイトのドメインと同じドメインから発行されます。

サードパーティCookie

現在のWebサイトのドメインとは異なるドメインから発行されます。

主に広告ネットワークや分析サービスなど、Webサイト外の企業やサービスによって発行され、主に広告ターゲティングやユーザー行動の追跡に使われます。

Cookie の目的

Cookieの目的はさまざまですが、一般的に次のような目的があります。

セッション管理

Webサイトがユーザーがサイト上で移動する際の状態を追跡し、セッション中にユーザーを識別します。

これにより、ユーザーがサイト内を移動する際に、ログイン状態やカートの内容などの情報を保持できます。

UX のカスタマイズ

WebサイトはCookieを利用して、ユーザーの設定や好みを記憶し、次回の訪問時にそれに応じてサイトの体験をカスタマイズします。

例えば、言語の選択、テーマの設定、お気に入りのアイテム、閲覧履歴などがこれに含まれます。

広告の個別化

Webサイトや広告ネットワークはCookieを使って、ユーザーの興味や行動に基づいて広告をターゲット化します。

これにより、より関連性の高い広告が表示され、広告主はより効果的な広告キャンペーンを実施できます。

アクセス解析とトラッキング

Webサイトの運営者は、Cookieを使ってトラフィックのパターンや訪問者の動向を追跡し、Webサイトのパフォーマンスを理解し改善するためのデータを集めます。

セキュリティ

セキュリティ上の目的で、WebサイトはCookieを使って、不正アクセスやセッションの不正利用の検出や防止をする場合があります。

Cookieの仕組みと同意するメリット・デメリット

undefined

Cookieは、WebサイトがWebブラウザに情報を保存し、その情報を使ってUXをカスタマイズするといった仕組みになっています。

ユーザーがWebサイトを訪れると、Webサーバーがブラウザに小さなテキストファイル(Cookie)を送信し、ブラウザはそのCookieを保存します。

そして次回以降の訪問時に、ブラウザはCookieをWebサーバーに送信し、サーバーはその情報を使ってUXをカスタマイズします。

同意するメリット

Cookie に同意するメリットには以下が挙げられます。

カスタマイズされた体験

Cookieを許可することで、Webサイトが言語の選択やテーマの設定、お気に入りのアイテムなどのユーザーの設定や好みを記憶し、次回の訪問時にそれに基づいて体験をカスタマイズできます。

セッション管理

Cookieを利用することで、ユーザーのセッション状態を維持し、ログイン情報やカートの内容などを保持できます。

これにより、ユーザーがサイト内を移動する際に情報が失われることがなくなります。

広告の個別化

Cookie を使うことで、広告主がユーザーの興味や行動に基づいて広告をターゲット化できます。

それによって、ユーザーにとってより関連性の高い広告が表示される可能性が上がります。

同意するデメリット

一方、デメリットとしては次のような点があります。

プライバシーの懸念

Cookieはユーザーのブラウジングの情報を追跡し、その情報を使って広告を個別化することがあるため、それがユーザーのプライバシーの侵害につながる可能性があります。

セキュリティリスク

Cookieは悪意のある第三者によって悪用されて、Cookieに保存されている個人情報が盗まれたり、改ざんされたりする可能性があり、それでセキュリティのリスクが引き起こされます。

UXの制限

すべてのCookieをブロックして無効にすることで、一部のWebサイトの機能が制限される場合がある。たとえば、ログイン情報やカートの内容が保存されないため、毎回ログインが必要になったり、カートの内容が失われることがあります。

そのためCookieの利用は、ユーザーのプライバシーやセキュリティを考慮しながら、UXを上げるためのバランスが重要です。

Cookieによるセキュリティリスクを抑えるための対策

undefined

上記のような Cookie によるセキュリティリスクを軽減するには、以下のような対策が挙げられます。

パスワード管理ツールの利用

Cookieを使って自動ログインする場合、ユーザー名とパスワードがブラウザに保存されることがありますが、これはサイバー攻撃などのセキュリティ上のリスクを伴うことから、代わりに信頼できるパスワード管理ツールを使ってパスワードを保存し、自動入力や自動ログインの代わりにそれを使うことで、セキュリティを強化することができます。

ブラウザのCookie設定の管理

ブラウザの設定でCookieの受け入れを制限したり、特定のサイトからの Cookie のみを受け入れるように設定したりすることで、不要な Cookie の受け入れを防ぎ、プライバシーを保護することができます。

定期的なCookieの削除

定期的にブラウザのCookieを削除することで、不要なCookieを除去し、プライバシーを保護することができます。

また、プライベートブラウジングモードを使うことで、Cookieが保存されずにブラウジングを行うこともできる。

Cookie はオンライン体験をカスタマイズして便利さをもたらす一方で、プライバシー上の懸念も引き起こす可能性があることから、Teampassword などの強固なパスワード管理ツールを使って、少しでもセキュリティリスクを抑えるようにすべきです。

TeampasswordでCookieのセキュリティ対策

undefined

TeamPassword は、安全かつ効果的なパスワードの管理および共有ができるように設計されたツールであり、以下のような機能を使った Cookie のセキュリティ対策が可能です。

2段階認証(2FA)

TeamPassword は、2段階認証(2FA)に対応しており、ユーザーがログインする際に、追加の認証手段(通常はSMSコードや認証アプリを使ったコード)が必要になります。

これにより、不正なアクセスやクッキーの盗難に対するセキュリティが強化されます。

セキュアな通信

TeamPassword は、データの転送中に SSL/TLS 暗号化を使って通信を保護します。

これにより、Cookie などのユーザーの情報は安全に転送され、第三者による傍受や盗聴が防止されます。

ログアウトオプションの提供

TeamPassword はログアウトオプションを提供しており、ユーザーがログアウトすることでセッション情報やクッキーが無効化されます。

これにより、ユーザーが共有された端末や公共のコンピューターを使用した後のセキュリティが確保されます。

TeamPassword で Cookie のセキュリティ対策をしませんか。無料トライアルにサインアップして、Teampassword の機能がどのようにセキュリティ対策のお手伝いができるかぜひご体験ください。

facebook social icon
twitter social icon
linkedin social icon
パスワードの安全性を高める

パスワードを生成し、正しく管理させるための最適なソフトウェア

TeamPassword Screenshot
おすすめの記事
サードパーティによるデータ侵害のリスクを軽減する方法

サイバーセキュリティ

2024-07-09T14:00:00.000Z1 min read

サードパーティによるデータ侵害のリスクを軽減する方法

サードパーティによるデータ侵害は、いつでも、誰にでも起こりうることです。そして、何が恐ろしいかと言うと、それが起こるまでの間、ほとんどコントロールができない点です。本記事では、サードパーティのデータ流出からビジネスを守るための実用的な手段についてご紹介します。

トロイの木馬:偽物と本物を見分け、被害を防ぐための完全ガイド

サイバーセキュリティ

2024-07-04T14:00:00.000Z1 min read

トロイの木馬:偽物と本物を見分け、被害を防ぐための完全ガイド

トロイの木馬の脅威から身を守る方法を分かりやすく解説します。信頼できるソフトウェアの利用など、実践的な対策について見ていき、パスワード管理の重要性や、日々のセキュリティを強化するための対策についてもお話します。

Wi-Fi パスワードをデバイス間で簡単に共有する方法

サイバーセキュリティ

2024-06-28T01:00:00.000Z1 min read

Wi-Fi パスワードをデバイス間で簡単に共有する方法

Wi-Fi パスワードの共有の方法は、Wi-Fi に必要なセキュリティのレベル、共有の近さ、パスワード共有の頻度など、いくつかの事柄に左右されます。本記事では、さまざまな状況下で Wi-Fi パスワードを色々なデバイスで共有する方法をご説明します。

チームのためのパスワードマネージャー

TeamPassword は、チームのIDとパスワードを保存および共有するための、最も速く、最も簡単で、最も安全な方法です。