パスワードの安全性を高める

始める
CTA icon
同僚とパスワードを安全に共有するには

同僚とパスワードを安全に共有するには

September 28, 20231 min read

パスワード管理

同僚とのパスワード共有は、データ侵害や機密情報への不正アクセスを避けるために、よりハイレベルなセキュリティが必要です。

チームには、ワークフローを中断させることなくパスワードを共有するための安全な方法が必要です。オンライン上では、アカウントのパスワードがわからないと仕事にならないこともあります!

チーム内でパスワードを安全に共有する方法

1. 信頼できるパスワードマネージャーを使う

チームでの共同作業用に開発された信頼できるパスワードマネージャーを使用することは、パスワードを共有する最も安全な方法の1つです。パスワードマネージャーは、強力な暗号化とアクセスコントロールを提供し、パスワードが安全に保存され、権限のあるチームメンバーだけがアクセスできるようにします。パスワードマネージャーを使えば、チーム全員のパスワードを一元管理する保管庫を作ることができ、パスワードの共有や必要なアクセス権の管理が簡単になります。

安全な理由:

  • パスワードマネージャーは強力な暗号化アルゴリズムを使用してデータを保護し、権限のない第三者によるパスワードの解読を事実上不可能にします。
  • パスワードマネージャーのアクセスコントロールでは、特定のパスワードを閲覧、編集、共有できるユーザーを指定できるため、機密情報を適切なチームメンバーだけが利用できるようになります。
  • パスワードマネージャーは多くの場合、二要素認証(2FA)や安全な共有メカニズムなどの機能を提供し、チームのパスワード保管庫にさらなる防御力をもたらします。

2. 権限に基づくアクセス管理の導入

パスワードマネージャーに役職ベースのアクセス制御(RBAC)システムを採用することで、セキュリティ層がさらに強化されます。チームメンバーにそれぞれの職務責任に基づいて異なる役割とアクセス権限を割り当てることで、機密性の高い認証情報の漏洩を制限することができます。特定のパスワードへのアクセスが必要な人だけが、閲覧や使用の権限を持つことができます。

安全な理由:

  • RBACは、チームメンバーが各自の業務を遂行する上で必要なパスワードにのみアクセスできるようにし、攻撃される可能性と潜在的な組織内部に潜むリスクを低減します。
  • アクセスを区分することで、攻撃者はパスワード保管庫全体にアクセスできないため、漏洩したアカウントの影響は限定されます。

3. 二要素認証(2FA)を有効にする

二要素認証(2FA)を有効にすることで、パスワードマネージャーのセキュリティがさらに強化されます。2FAを使用すると、チームメンバーはマスターパスワードに加えて2つ目の認証要素(携帯電話に送信されるワンタイムコードなど)を提供する必要があるため、権限のない人物がアクセスするのが大幅に難しくなります。

安全な理由:

  • 2FAは、たとえ誰かがチームメンバーのマスターパスワードを発見したり盗んだりしても、不正アクセスを防止します。
  • パスワード・マネージャーに対するブルートフォース攻撃の成功リスクを低減します。

4. 共有パスワードの定期的な更新

共有している認証情報のパスワードを定期的に変更することを推奨しています。パスワードを定期的に変更することで、攻撃者が漏洩したパスワードを悪用する隙を減らすことができます。チームメンバーには、あらかじめ設定された間隔で共有パスワードを更新するよう促し、パスワードマネージャーで簡単にパスワードを変更できる環境を整えましょう。

安全な理由:

  • パスワードの定期的な更新は、漏洩または盗難された認証情報による不正アクセスのリスクを最小限に抑えます。
  • パスワードが漏洩していても頻繁に更新されていれば、そのパスワードは無効になり、攻撃者が使用できなくなります。

5. チームメンバーに対し、パスワードのセキュリティについて教育する

パスワードセキュリティのベストプラクティスについて、チームに継続的な教育とトレーニングを行う。強固で固有のパスワードを使用すること、パスワードの再利用を避けること、安全でない経路を通じてパスワードを共有しないことの重要性を強調しましょう。

安全な理由:

  • 十分な知識を備えたチームメンバーは、セキュリティ・プロトコルを守り、パスワードの衛生管理を徹底する可能性が高くなります。
  • 意識の向上は、偶発的なセキュリティ侵害を防ぎ、フィッシングの被害に遭う可能性を減らすのに有効です。

結論として、チーム内でパスワードを安全に共有することは、機密情報を保護する上で極めて重要です。RBACおよび2FA機能を備えた信頼のおけるパスワード・マネージャーを使用、パスワードを定期的に更新することを徹底、そしてチームメンバーを教育することで、チームのパスワード管理のセキュリティを大幅に強化することができます。これらの対策は、大切なデータを保護し、潜在的なサイバーセキュリティの脅威から組織を守るのに役立ちます。

パスワード共有の課題

チームで仕事をする人は、プロジェクトの完了にパスワードの共有が不可欠であるが、同時にそれが大変なことであることをわかっています。

チームには、仕事やプロジェクトに取り組むためにアクセスを許可された人のみにパスワードを提供し、そうでない人はログインできないようにする方法が必要です。

多くの業界がこのセキュリティ上の懸念に直面しており、この問題を解決してくれる革新的なソリューションを必要としています。

ちなみに、パスワードの共有が必要な業界には、以下のようなものがあります。

  • 技術系企業
  • デジタルマーケティング会社
  • ソフトウェア設計・開発会社 
  • クリエイティブエージェンシー

例えば、リモートで一緒にプロジェクトに取り組むマーケティングチームが、プロジェクトを完了するために情報へのアクセスが必要だとします。ただ、そのプロジェクトには、機密情報や顧客に関するデータが含まれています。

この情報への何者かによるアクセスは避けたいが、パスワードはユーザーフレンドリーな方法で提供されます。

このような場合、ユーザーフレンドリーな方法を犠牲にすることなく、チームメンバーにパスワードを伝えるための信頼性の高い安全な方法が必要です。

安全性の懸念

セキュリティ上の最大の懸念は、パスワードの安全な共有です。ITのセキュリティは万全でも、ユーザーのミスによって社内にセキュリティ面での弱点が出てくる可能性があります。

例えば、パスワードをメモ帳や付箋に書き込んだり、メールやアプリで送ったりする同僚がいたとしましょう。これは、大惨事になりかねない危険な行為です。

また、物理的または口頭でのパスワードの共有も、盗聴や盗難の対象となる可能性があります。

パスワードの共有に安全な手段が用いれられなければ、サイバー犯罪者にとってはハッキングのチャンスが増え、チームや私的なアカウントはハッキングされてしまうかもしれないのです。

史上最悪のデータ侵害のうちいくつかは、一見安全そうな企業やチームで起こっています。あなたの会社やチームではこのようなことが起こらないようにしましょう。

避けるべきパスワードの共有方法

1. メールでの共有

  • メールによるやり取りは安全ではないため、簡単に乗っ取られたり、不正アクセスされる可能性があり、パスワード漏えいの原因になりかねません。
  • メールはインターネット上でプレーンテキストで送信されるため、送信経路のさまざまなポイントで攻撃を受ける可能性があります。さらに、フィッシング攻撃や脆弱なパスワードによってメールアカウントが侵害され、攻撃者がパスワード共有メールにアクセスできるようになる可能性も考えられます。一度でも盗聴されたり、不正アクセスされたりすると、パスワードは漏洩し、機密アカウントやデータへの不正アクセスに利用される可能性があります。

2. メッセージアプリ

  • メッセージングアプリにはエンドツーエンドの暗号化がない場合があり、パスワードが転送中や保管中に盗み見されやすくなります。
  • 一部のメッセージングアプリは暗号化を提供していますが、すべてのアプリがエンドツーエンドの暗号化を提供しているわけではありません。エンドツーエンドの暗号化がなければ、これらのアプリを通じて共有されたパスワードは、ハッカー、サービスプロバイダー、または通信チャネルやサーバーにアクセスできるその他の当事者によって盗聴される可能性があります。さらに、パスワードを含むメッセージは、通信に使用されるデバイスに保存される可能性があり、デバイスが紛失または盗難にあった場合、不正アクセスの影響を受けやすくなります。

3. メモ

  • メモでパスワードを共有すると、紛失、盗難、偶発的な漏洩のリスクが高まり、セキュリティが損なわれます。
  • 物理的なメモは、置き忘れ、紛失、盗難に遭いやすく、機密情報への直接のアクセス経路となり得ます。さらに、付箋紙やメモ帳に書かれたパスワードを目につくところに放置しておくと、権限のない誰かが物理的なワークスペースにアクセスした場合に、パスワードが誤って公開される可能性があります。

4. 共有されたスプレッドシートまたはドキュメント

  • 共有のスプレッドシートや文書には複数の人がアクセスできるため、パスワードへの不正アクセスの可能性が高まります。
  • 適切なアクセス制御を行わずにスプレッドシートや ドキュメントにパスワードを保存すると、ファイルにアクセスできる人なら誰でもパスワードを閲覧できることになります。誰がパスワードにアクセスしたり変更したりしたかを追跡することは困難となり、潜在的なセキュリティ侵害や組織内部に潜むリスクを把握することが難しくなります。

5. 口頭でのやりとり

  • パスワードを口頭で共有することは、人為的なミスを招きやすく、簡単に盗み聞きされる可能性もあることから、不正アクセスにつながる恐れがあります。
  • パスワードの口頭での伝達は、聞き間違いやパスワード忘れなどのミスのリスクを伴います。さらに、オープンな場所や公共の場でパスワードを口頭で共有すると、盗聴される可能性があり、セキュリティが損なわれます。

6. 個人アカウントの使用

  • 個人アカウント(個人メールなど)によるパスワードの共有は、適切なアクセス制御を欠き、機密データを危険に晒す可能性があります。
  • パスワードを共有するために個人アカウントを使用することは、ビジネスやチーム向けのプラットフォームと同レベルのセキュリティを提供しません。個人アカウントには多要素認証や適切な監査記録がない場合があり、共有パスワードへのアクセスを監視・制御することが困難となる。

7. プレーンテキスト・メッセージ

  • どのようなプラットフォーム上でも、パスワードをプレーンテキストで送信すると、盗聴や不正アクセスにさらされる可能性があります。
  • プレーンテキストのメッセージは暗号化されていないため、パスワードは読み取り可能なテキストで送信されます。これは、ハッカーや悪意のあるソフトウェアによる不正アクセスのリスクにさらされることを意味します。

8. ありきたりな、あるいは脆弱なパスワード

  • チームメンバー間で一般的なパスワードや弱いパスワードを共有すると、不正アクセスのリスクが高まり、全体的なセキュリティが損なわれます。
  • 一般的なパスワードや脆弱なパスワードは、ブルートフォース攻撃やソーシャルエンジニアリングの標的になりやすい。チームメンバー間で共有されている場合、1つのパスワードにアクセスした攻撃者は、複数のアカウントを危険にさらす可能性があります。

9. アクセス権取り消しの仕組みがない

  • 不要になった共有パスワードへのアクセスを失効させないと、認証情報が漏洩し、悪用されやすくなります。
  • チームメンバーが役割を変更したり、組織を離れたりした場合は、共有パスワードへのアクセス権を取り消すことが不可欠です。適切なアクセス管理が行われないと、元従業員やアクセスを必要としないユーザーがアクセス権を保持し、不正アクセスのリスクが高まります。

10. パスワードを更新しない

  • 共有パスワードの定期的な更新を怠ると、潜在的な攻撃者に、発見された認証情報を悪用する時間を与えてしまいます。
  • 定期的なパスワードの変更は、攻撃者の隙を減らすために不可欠です。パスワードがほとんど変更されない場合、特に内部または外部の誰かが共有パスワードへのアクセスに成功した場合、不正アクセスのリスクは時間の経過とともに増大します。

11. 共有ウェブブラウザ

  • パスワードを保存した共有ウェブブラウザを使用すると、そのブラウザのプロファイルを使用するすべてのユーザーに機密情報が公開されます。
  • 複数のユーザーがパスワードを保存したウェブブラウザを共有すると、そのブラウザを使用している誰もが保存された認証情報にアクセスできます。このアクセス制御の欠如は、パスワードの不正使用につながり、パスワードが保護するアカウントのセキュリティを危険にさらす可能性があります。

強固なセキュリティ対策を維持するためには、このようなリスクの高いパスワード共有方法を避けることが極めて重要です。その代わりに、安全なパスワード管理ツールを取り入れ、厳格なアクセス制御を実施し、チームメンバーにパスワード・セキュリティの重要性を教育しましょう。

始め方

パスワード保護の分野で実績があり、第一線で活躍している人との協力が、一番いい始め方です。パスワードの共有やユーザーのミスによるデータ侵害を防ぐのに必要なツールやセキュリティをどのように提供できるのか、TeamPassword にぜひお問い合わせください。

パスワードのハッシュ化、ソルト化、暗号化を行い、意図した人以外がアクセスできないように安全に送信する、競争力のあるサービスを選びましょう。

確かな実績

TeamPassword は、高度なセキュリティと暗号化により、何者かによる作業プラットフォームやデータファイルへのアクセス防ぎます。

あらゆるレベルのビジネスチームに向けてカスタマイズされたソリューションを提供し、迅速かつ安全に、権限を持つ人だけにパスワードを共有し、それ以外の人は絶対に共有できないようにしています。

チームやプロジェクトに欠かせないこのソリューションの詳細や情報をご希望の方は、ウェブサイトに表示されている製品をぜひご覧にください。また、無料トライアルにサインアップすると、2段階認証、ユニークなパスワード、アクティビティおよび記録、メールアラートなど、他のチームメンバーとの安全な作業をより簡単かつ安全にする、効率的なプラットフォームに1つだけアクセスできます。

facebook social icon
twitter social icon
linkedin social icon
パスワードの安全性を高める

パスワードを生成し、正しく管理させるための最適なソフトウェア

TeamPassword Screenshot
おすすめの記事
【2024年度版】スタートアップに最適なパスワードマネージャー4選

パスワード管理

April 24, 20241 min read

【2024年度版】スタートアップに最適なパスワードマネージャー4選

スタートアップの創業者にとって、パスワード管理は、たいていの場合、最も後回しにされがちな事項です。しかし、事業を始めると、パスワード管理の複雑さに直面することになります。そこで本記事では、スタートアップ企業に最適なパスワードマネージャー4選とそれぞれの特徴をご紹介します。

おすすめのパスワード生成機8選

パスワード管理

April 12, 20242 min read

【2024年版】おすすめのパスワード生成機8選

自分で考えたパスワードは本当に安全なパスワードなのでしょうか?答えは No です。自分では複雑に作成できたと思い込んでいても、パスワード生成ツールなどの機械がランダムに生成したパスワードには敵いません。本記事では、おすすめのパスワード生成機8選とそれぞれの特徴をご紹介します。

【2024年度版】パスワードセキュリティ究極ガイド

サイバーセキュリティ

April 4, 20242 min read

【2024年度版】パスワードセキュリティ究極ガイド

現代では、大半のサービスがユーザー名/パスワードによる認証に依存しています。そこで本記事では、効果的なサイバー衛生とはどのようなもので、なぜそれが有効なのかを徹底解説します。パスワードのベストプラクティスを実行し、個人情報や資産などデジタル化された情報を安全に管理しましょう。

チームのためのパスワードマネージャー

TeamPassword は、チームのIDとパスワードを保存および共有するための、最も速く、最も簡単で、最も安全な方法です。