パスワードの安全性を高める

始める
CTA icon
Google Chrome のパスワードマネージャーの安全性

2023年版 Chrome のパスワードマネージャーの安全性の検証

September 27, 20231 min read

サイバーセキュリティ

パスワードは、デジタル時代の現代において欠かせない要素の一つです。

どのアカウントにも同じパスワードを使い回す危険性は、皆さんもご存知だと思います。パスワードの使い回しは、家中の部屋や金庫の鍵を開けた状態で、さらに玄関を開けっ放しにするようなものです。しかし、アカウントにそれぞれユニークで強力なパスワードを作成するのは大変なことです。

サードパーティのパスワードマネージャーは安全で堅実な選択肢です。Googleが2008年に開発・リリースしたChromeのようなインターネットブラウザもパスワードマネージャーとして選ばれる選択肢の一つです。Chromeは当初、 Windows XP 用にデザインされましたが、現在では Mac、PC、あらゆる種類のモバイルデバイスを含む数々のプラットフォームと互換性があります。

2022年、Chromeは世界のデスクトップ向けウェブブラウザ市場で70%近いシェアを獲得しました。その人気の理由は、主に使いやすさと、広告ブロックや言語翻訳、拡張機能などのカスタマイズ・オプションにあります。Google Chrome では、パスワードをブラウザに簡単に保存して保管できるため、パスワードの記憶や、手入力の必要がありません。しかもこれは無料の機能なので、課金する必要もないのです。ただ、この方法で、本当に安全にパスワードを保存できるのでしょうか?本記事では、Chromeのパスワードの安全性について知っておくべきことを全てお話します。

Google Chrome のパスワードマネージャーは安全か

パスワード マネージャーを何も使わないよりはましですが、Chrome のパスワードの安全性には改善の余地がありそうです。Chromeのパスワードセキュリティの最重要問題の1つは、Chromeはパスワード管理のために作られたのではないという点です。パスワードマネージャーは追加された機能であり、後付けされたものです。あくまでChrome は、Web ブラウザとしてのみ構築および最適化されているのです。

そのため、Chromeのパスワードの安全性は、専用のパスワードマネージャーが提供するものと同等になることはないでしょう。例えるなら、近所のコンビニで買うクロワッサンと、フランスで修行したパン職人が経営するお店のクロワッサンくらい違います。お菓子でもパスワード管理でも、専門化することでより優れた製品が生まれるのです。ただ、Chromeのパスワードセキュリティの問題は、これだけではありません。

Chrome のパスワードは基本的で固定されている

Chromeのパスワードの基本的な特徴の一つは、人間がその場で推測することがほぼ不可能な、文字、数字、記号を長く並べたものである「強力な」パスワードを生成し提供していることです。

問題は、こういった一見複雑に見えるパスワードでも、通常は修正が必要であり、カスタマイズするためのオプションが必要であるという点です。パスワードを長くしたり、文字を増やしたり、Googleに提案の送信と保存を許可する以上のことはできないのです。パスワードの安全性について、Chromeは利便性という謳い文句で、有無を言わさず主導権を握っている状態です。この「主導権」と「利便性」は対価に当たるのでしょうか?答えは、「NO」です。

Google パスワードマネージャーがハッキングされる可能性

ここからは、皆さんお待ちかねのChromeのパスワードの安全性における最大の問題について解説します。

Chromeパスワードやブラウザベースのパスワードマネージャーを使用する場合、アカウントへのアクセスは、デバイスへのアクセスと同じくらい簡単です。仮に、オフィス、カフェ、地下鉄などでカバンをうっかり置き忘れた場合、そのデバイスを手にした人は、Chromeパスワードに保存されている全アカウントにアクセスできます。これでは、ハッキングされる可能性が高くなります。

ほとんどの人は、Chrome アカウントを複数のデバイスで同期していますが、どのデバイスがアクセスできるかを忘れがちです。それはここで確認しましょう。専用のパスワードマネージャーは、別の「マスターパスワード」でのログインを要求することでユーザーを保護し、パスワードは一定時間が経過すると自動的にロックされます。

Chrome のパスワードの作成および保存法

Google Chromeの利便性は、多くのユーザーを虜にしています。無料なうえに、インストールも不要です。
その仕組みは次のとおりです。新しいウェブサイトで初めてパスワードを入力すると、Chrome はパスワードを保存するかを確認するプロンプトを送信します。そこで『保存(Save)』か『使用しない(Never)』の選択ができます。


undefined

多くの人にとって、この小さなポップアップはありがたいものです。『保存』をクリックすれば、パスワードを記憶したり、どこかに記録したりする必要がないため、紛失や盗難の恐れがなく、安心できます。ところが、その安堵感はいささか見当違いなのです。

専用パスワードマネージャーは価値があるか

専用パスワードマネージャーを使うかどうかは、本人にしかできない選択です。Chromeのパスワードを無効にして、専用のパスワードマネージャーに切り替えることを迷っている場合は、以下の状況を考えてみてください。パスワードが漏えいしたらどうなるか想像してみてください。ある日、目が覚めたら、何の前触れもなく、個人用と仕事用のメール、ネットバンキング、普段使うネットショップ、保存してあるクラウドデータ、SNSのアカウントにアクセスできなくなるのです。すべてロックされ、お手上げ状態になってしまいます。

もっと酷い場合は、何者かに知らない間にIDを盗まれ、クレジットカードの高額請求書などが届いてから、実はハッキングされたのだとわかることもあります。これは人生を左右する出来事になりかねません。その結果を元の状態に戻すには、時間的にも金銭的にも非常に大きな負担となります。そこでパスワードマネージャーを使えば、このような大変な事態を未然に防ぐことができます。Google Chromeのように無料ではありませんが、投資の価値は十分にあります。

Chrome のパスワードセキュリティ問題を回避する代替案

TeamPassword は、パスワードを保存・管理するための速くて安全で簡単なソリューションを提供し、Chrome パスワードのセキュリティ問題にも無防備になることはありません。また、TeamPassword には Chrome 拡張機能があり、個人と会社のログイン情報をすべて保持することができるのも利点です。さらに、何者かによるデバイスへのアクセスがあったとしても、マスターパスワードとGA(Google Authenticator)へのアクセスがなければ、TeamPasswordのアカウントにアクセスすることはできません。

TeamPasswordは、サイバーセキュリティに特化したアプリです。追加機能として、パスワードジェネレーターとパスワード強度テスターもあります。カスタマイズ可能なパスワードジェネレーターは、パスワードの作成に行き詰まったときに便利なうえ、現在のパスワードが安全かどうかをテストすることもでき、ハッキングされるまでの推定時間も表示されます。

Image-2023-04-06-at-11.41.43-AM

あらゆるブラウザやデバイスで使用できる強力なパスワードを作成、カスタマイズして、いつでもどこでも必要なときに全パスワードにアクセスしましょう。TeamPasswordがあれば、ハッカーなどの手にデバイスが渡ったとしても、パスワードは安全に保護されます。

結論としては、Chromeのパスワードマネージャーを使うのは便利ですが、パスワードの保管において一番安全な方法だとは言えません。

facebook social icon
twitter social icon
linkedin social icon
パスワードの安全性を高める

パスワードを生成し、正しく管理させるための最適なソフトウェア

TeamPassword Screenshot
おすすめの記事
アンダーグラウンドサービスの脅威:情報セキュリティの闇とその対策

サイバーセキュリティ

May 17, 20241 min read

アンダーグラウンドサービスの脅威:情報セキュリティの闇とその対策

本記事では、サーバー攻撃の一つで、情報セキュリティ10大脅威にもランクインしている「アンダーグラウンドサービス(犯罪のサービス化)」について詳しく解説するとともに、そのような活動の被害に合わないようにするための対策についてお話します。

2022年に起きたUberのデータ侵害について解説

サイバーセキュリティ

May 15, 20241 min read

2022年に起きたUberのデータ侵害について解説

2022年は大手ハイテク企業が相次いでデータ侵害に見舞われた年でした。「Uber」も2022年にその被害者となりました。本記事では、2022年にUberが被害を受けたデータ侵害事件について詳しく解説し、企業が自社のセキュリティを強化するために何をすべきかを紹介します。

ファイルレス攻撃とは?詳しく解説するとともに事例や対策について紹介

サイバーセキュリティ

May 10, 20241 min read

ファイルレス攻撃とは?詳しく解説するとともに事例や対策について紹介

セキュリティの脅威は日々進化しており、その手口もどんどん巧妙になっています。その中でも、最近特に注目されているのが「ファイルレス攻撃(ファイルレスマルウェア)」です。本記事では、ファイルレス攻撃に関して、その手口や事例も踏まえて、どのような対策ができるかを見ていきます。

チームのためのパスワードマネージャー

TeamPassword は、チームのIDとパスワードを保存および共有するための、最も速く、最も簡単で、最も安全な方法です。